医療過誤問題は弁護士への相談で解決、次の被害を食い止める方法

相談

弁護士に依頼

医療過誤の相談方法とは

医療過誤がおこってしまったとき、どうすればいいのか、誰に相談したらいいのか、迷う方が多いと思います。 医療過誤が疑われる場合に、まず何をしたら良いのでしょうか。 まず始めに、治療内容や医師看護婦の説明、検査値や患者の病状の事柄が起きた順序をまとめた詳細な記録を作成します。このように記録することで、問題点を整理できますし、弁護士に相談するときにも役に立ちます。 カルテなども入手しなければなりませんが、こちらも弁護士にお願いすれば行ってくれます。入手方法は二通りあって、裁判所に申し立てて行う方法と患者や代理人が医療機関に直接依頼する方法があります。 弁護士の相談のタイミングですが、医療過誤が疑われたときに、すぐに相談するのが良いでしょう。法律問題は、早めに行うほうが解決も早くなります。

良い弁護士は裁判での勝利の近道

弁護士にお願いする場合、どのような弁護士を選べば良いのでしょうか。 さまざまな医療弁護士がいますが、良い弁護士を見極める一番のポイントは、医療訴訟の実績を聞くことです。実績が多い経験豊富な弁護士であれば安心してお任せできます。しかし、良い弁護士を探すのは、大変難しいことです。初めての弁護士にお願いするのではなく、医者を選ぶようにセカンドオピニオンを受けたうえで良い弁護士を選択するのが良い方法でしょう。 医療過誤の訴訟は大変難しいと言われています。高度な知識が必要なのはもちろんですが、裁判官に分かりやすい説明をする技術も必要です。裁判官に分かりやすく伝えることで原告の主張は正しいと理解してもらえば、裁判で勝訴することも可能になります。

弁護士が行っている医療過誤の問題の取り組み

医療従事者の過失による医療過誤の問題が社会問題になっています。医療過誤の背景には、医療従事者の不足や長時間労働による過失の増加などがあります。医療過誤は患者さんの命に関わる問題ですので、社会全体で医療過誤を撲滅するための取り組みが行われています。 医療過誤の問題解決にあたっては、弁護士が果たす約割はとても大きいものがあります。弁護士は医療過誤の被害に遭った患者さんを救済するための取り組みを行っています。 弁護士が行っている取り組みの一つとして、弁護士会が主催する無料法律相談会の開催があります。弁護士会では定期的に弁護士会館や官公庁などの施設で、医療事故の無料相談会を実施しています。この取り組みによって、医療事故の被害者は、気軽に弁護士に相談できるようになっています。

医療事故分野に強い弁護士に相談する方法

弁護士に医療過誤の相談をするには、弁護士会が主催している無料の法律相談会に参加するなどの方法があります。無料法律相談会は、新聞やインターネットなどで場所や日時が告知されますので、日時等を確認のうえ出席すると、無料で弁護士に相談することができます。 多くの法律事務所でも、医療過誤の無料の法律相談を行っています。事前に電話やメール等で予約を入れると、法律事務所で弁護士に相談をすることができます。相談後速やかに、示談交渉や訴訟を提起することも可能です。 弁護士に示談交渉や医療訴訟の提起を依頼する時には、報酬の支払いが必要になります。報酬を一括で支払うことが困難な場合は、法テラスによる法的扶助制度を利用することも可能です。