医療過誤問題は弁護士への相談で解決、次の被害を食い止める方法

相談

気になる勝率

医療過誤の定義と現状

医療過誤とは、医療における間違いや過失により、患者が被害をこうむることです。 簡単な言い方をすれば、医療ミスです。 厚生労働省が作成している「リスクマネジメント作成指針」によると、医療過誤は、医療事故の一類型であり、医療従事者が医療の遂行において、医療的規則に違反して患者に被害を発生させる行為、という表現で定義付けられています。 医療過誤が発生した場合、患者側は弁護士に相談し、民事訴訟や、場合によっては刑事訴訟を起こす場合もあります。 医療過誤の民事訴訟は年間800件以上にも上りますが、患者側が勝訴する確率は2割程度の低さです。これは、医療機関側の過失が明らかな場合、和解して示談となるケースが多いためです。

どんな弁護士に相談すべきか

では、実際医療過誤が発生した場合、どんな弁護士に相談すべきでしょうか。 もちろん一般の弁護士に相談しても対応できないことはありませんが、その専門性の高さゆえ、裁判を有利に運ぶには厳しいところがあります。 できれば、医学博士の資格を持った弁護士や、医療に関する専門知識を豊富に兼ね備えた弁護士に相談するのが賢明です。 それは、医療事件を解決するには、事前の調査から始まり、証拠保全や聞き込み調査、証人探しなど、専門知識なしには事が運ばないことが多いためです。 そうした弁護士は、医療における各専門分野の医師と協力・相談しながら医療事件を解決する能力を持っています。 したがって、たとえ勝訴まで行かなくとも、示談をする場合、患者側に有利な条件で和解を成立させてくれます。