医療過誤問題は弁護士への相談で解決、次の被害を食い止める方法

相談

特化した弁護士

開かれた医療を展開して医療に関する情報提供に努めています

人の命を救うために医療が存在しており、医師から看護師、検査技師など、様々な職種で構成された病院は全国各所に建設されて、その数を増やしています。その病院内で使用される医療用語は高い専門性を持ち難しい言葉が多く、また略語も頻繁に使用されることから、病状などといった説明を聞いても一般の方が一度に聞いて理解するのはとても難しいものとなっています。 現在では専門性の高い病院側が開かれた医療、説明と同意を徹底する医療を展開して、患者側が納得した医療を受けられるようになってきています。その一部の取り組みに、医療過誤に対する相談窓口の設置です。病院によっては医療過誤専門の医務薬事課、相談室といった独自の機関を設けて対応にあたっていることもあります。

医療という専門分野に長けた弁護士を選ぶことが大切です

開かれた医療を病院側が設置するようになってからは医療過誤に関する訴訟は減ってきていますが、それでも万が一疑わしきことが発生した時には、弁護士や専門機関に相談することも大切です。 説明された病状と治療が違った、治療によって思わぬ障害を受けた、という場合には、弁護士を通して病院側に事実確認をしてもらうだけでも、わだかまりが解けることがあります。病院側の説明に納得がいかず訴訟を希望する場合にも、最初から同じ弁護士に相談しておくと、新たな弁護士に依頼する手間も省けます。 医療過誤に関する訴訟は離婚と同じように得意分野とする弁護士を選ぶことが重要です。納得いくまで説明を受けたい、事実を知りたいという被害者側の気持ちを理解した弁護を行ってくれます。