医療過誤問題は弁護士への相談で解決、次の被害を食い止める方法

相談

きちんと聞く

医療過誤と疑った時に気を付けることとは何か

家族や大事な人が病気となり病院で手術をした場合に、その結果があまり思わしくない場合は医師や看護師にきちんとした説明を受けることは大事なこととなります。 その上でもしその手術が医療過誤ではないかという疑いをもつことになったら、病院側にどのような態度を示したらよいのでしょうか。 医療過誤とは、医療ミスともいいますが疑いがある段階では、まず感情的にならないように注意をすることが大切です。感情的になるなと言われても難しい面があるかもしれませんが、医師や病院側と話しができなくなり証拠などを引き出すことが不可能になるかもしれないからです。 カルテなどは医師の自由意思で見せることを拒絶するかもしれませんし、改ざんなどもされるかもしれません。 それよりも、医療過誤と思われるまでの経緯と医師の十分な説明を聞きだすことのほうが大切となるのです。 そして、医療過誤ではないかと思った場合には早ければ早いほど、弁護士などに相談したほうがいいのです。

適切な対処のためにも相談することの大切さについて

医療過誤を疑った場合には、医師の説明を聞きだすことが大切です。また、治療の流れなどを時系列でメモをとるようにします。メモをとることで記憶に頼ることなくいざという時に証拠として使うことができるのです。 手術や治療などに対しておかしいと感じた時点で相談するなど行動を起こすことが大切となります。誰にも頼らずに医療過誤を追及しようとしても限界があるのです。 相談するところは、医療過誤を専門に扱っている弁護士を探すとよいでしょう。 また、医療過誤の場合は証拠を立証することが難しく、その証拠となるものはカルテということになります。カルテを早く患者側に入手するためにも一日も早い弁護士へ相談したほうがよいのです。 裁判ということになれば、医療の分野でもあり専門的なこととなるので時間はかかると考えておいたほうがいいでしょう。